院長ごあいさつ

院長 吉良 哲也

地域の皆様方が安心して何でも相談し通院できるような信頼できる『かかりつけ医』を目指します。

平成24年に大分市大在の角子原に吉良内科循環器クリニックを開設して、5年以上経過しました。平成30年4月からは長野徳子先生が当院の副院長に就任し、常時二人体制で診療することとなりました。長野先生は私の信頼する女性後輩医師であり、一般内科・循環器内科に豊富な知識・経験があります。より充実した診療ができるように、ともに努めて参ります。
当クリニックでは患者さんが安心して何でも相談し通院できるような環境を整え、信頼できるかかりつけ医になりたいと思っています。診療内容としては一般内科を中心に、高血圧や糖尿病といった生活習慣病、狭心症・不整脈・弁膜症・心不全といった各種循環器・心臓疾患、また睡眠時無呼吸や禁煙外来・健康診断などにも幅広く対応しており、血管年齢や肺年齢の測定も行います。これまでの経験を生かし、さらに日々研鑽を積みながら地域の皆様方の健康維持・管理に貢献したいと考えております。

院長経歴

  • 昭和61年大分雄城台高校卒業
  • 平成4年大分医科大学(現大分大学)医学部卒業
    大分医大附属病院、大分県立病院、国立大分病院にて勤務を経て、大分医科大学大学院卒業
  • 平成11年健康保険南海病院循環器科勤務
  • 平成17年大分医療センター循環器内科医長として勤務
  • 平成24年吉良内科循環器クリニック開業

所属学会

日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本冠疾患学会等

取得資格

医学博士

副院長ごあいさつ

副院長 長野 徳子

はじめまして、平成30年4月より当院で勤務することになりました長野徳子と申します。
平成13年に大分医科大学(現大分大学医学部)を卒業し、大学病院や地域の基幹病院で研鑽を積む中で、南海医療センター勤務の際には、院長先生とともに心臓カテーテル検査や治療をして参りました。出産後は、大学病院で心エコーや心電図等の検査に携わりながら、循環器診療を行っておりましたが、地域医療に貢献したいと考えていましたので、当院で働く機会が得られましたことを大変ありがたく思います。

これからは、患者さんのお話を親身になって伺い、普段から気軽に相談できるようなかかりつけ医となれますよう努めさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

副院長経歴

  • 平成7年大分上野丘高校卒業
  • 平成13年大分医科大学医学部医学科(現大分大学医学部)卒業
    大分医大附属病院、津久見中央病院、南海医療センターにて勤務をへて大分大学医学部大学院卒業
    産休・育休を経て
  • 平成25年大分大学医学部附属病院 循環器内科勤務
  •  
  • 平成30年吉良内科循環器クリニック副院長就任

所属学会

日本内科学会、日本循環器学会、日本不整脈心電学会

取得資格

総合内科専門医、循環器専門医

理念・目標

  1. 病気や悩みを抱える患者さんと真摯に向き合います
  2. 患者さんそれぞれに応じた必要な検査・治療をお勧めし、丁寧でわかりやすい診療を心がけます
  3. 知識・技術・接遇の向上に努め、より良い医療サービスの提供を目指します
  4. 安心して通院できるかかりつけ医となり、地域医療に貢献します